発売直後から熱問題でユーザーに「リコールしろ!」などと罵声を浴び続けている富士通の「MEDIAS X N-07D docomo」ですが、発売から1週間で不具合改善のためのアップデートサービスが開始されたようです。

ドコモの発表によると、 この更新で改善されるのは「省電力モードの状態で、まれに携帯電話(本体)が再起動する場合がある。」というもので、発熱および、その副作用的っぽい通常状態での再起動やアプリの強制終了については触れられていません。

pic012



ただ、 「下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。」との記述もあるので、私はこれに発熱の軽減も含まれているとを信じたい。が、どうなんでしょう。

実際にアップデート適応した方からの声、お待ちしております!ほんとに待ってますよ!