pic084

先日アップデートの提供された「Xperia Z1 SO-01F」と「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」。
機種アップデートともに、ドコモメールなどのアプリのアップデートも提供されたのですが、これらの機種の複数のユーザーよりアプデ後にドコモメールを起動すると画面が一瞬暗くなり、立ち上がりに時間が掛かる、という報告が挙がっています。 

アップデート後のドコモメール|価格.com


同じ症状は、先月末に同様のアップデートがあったARROWS NX F-01Fでも報告があがっており、上記の価格.comのユーザー報告なども合わせて総合的にみると、ドコモメールの「ver:30210」をインストールしてある機種で発生しているようです。

ただ、これらの機種ほどではないものの、他のDocomo ID非対応機種でもspモードメールと比べて起動がワンテンポ遅れるという報告はあるので、どこまでが仕様でどこからが不具合かという切り分けが難しいような気もします。

一方、はるか昔ですが、spモードメールのアップデート後、アプリを立ち上げると画面が黒くなったり強制終了するなどといった不具合がありました。これについてはドコモも正式に不具合を認め、修正アプデを出したという経緯があります。
もちろん、今回のdocomo IDがらみの症状とはおそらく原因は全く異なるとは思いますが、同様に近々アップデートがあるかもしれませんね。