スマートフォン不具合速報

ドコモ、au、ソフトバンクを中心にアンドロイド端末やiPhoneなど、スマートフォンの不具合に関する情報をお伝えします。口コミをソースとしているので情報の正確さについては保証できません。むしろ、コメント欄を使って不具合の有無や原因、発生状況、改善方法など検証と情報交換の場にして頂けると幸いです。 これによりメーカーや携帯会社のすばやい問題の認知と改善対応につながるのでは?と思っています。

iOS7

iPhoneユーザーから悲鳴。iOSの黒歴史、iOS 7.0.4の不具合報告まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
pic091


最近のアップル、というかiOSは酷いですね。特に、iOS7以降のユーザーからの不具合報告は凄まじいものがあり、さらにそれに輪をかけてiOS7.0.4などは悲惨な状況なようです。

なんだかアプデを重ねるごとに状況が悪化しているという感じすらして、一時期の国産アンドロイド機種でよく見られた、不具合・バグを治そうとして新たな問題が発生するという、「ミイラ取りがミイラ現象」すら起こっているような気がします。

OSアップデートにある程度の不具合、不満は付き物。しかし、今回は「あまりにも酷いんでないの?」というくらい、ユーザーから悲痛の叫びが挙がっており、個人的にはiOS史上、最悪のOSという印象を受けます。

そこで、今回は不具合のトラッキングと自分への備忘録も兼ねて、iOS 7.0.4時点で複数の報告が挙がっている不具合・バグ報告をまとめてみたいと思います。
ただ、中にはiOS 7.0.4以前のiOS7や、もしかするとiOS6時代からの症状もあるかもしれません。よって、現時点で目立つ不具合、というだけであって、iOS7.0.4そのものが原因とは限りませんのであしからず。


・電池の減り方が尋常ではない
一番ユーザーが困っているのはこれだと思います。
iOS7以降の慢性的な問題で、視覚効果やバックグラウンド更新など、様々な原因が指摘されています。ただ、どうやらそれだけが原因ではないようです。私はOS自体に余計なプロセスを行うなんらかの深刻なバグが発生していると見ています。特に、iOS7.0.4以降のバッテリー消費は本当にひどい状況らしく、早急な対応が望まれます。

・ユーザー辞書機能が突然使えなくなる
異常バッテリー消費と同じくらい報告数が多いのがこの症状です。
iOS7以降、ユーザー辞書機能になんらかのバグが発生したのは確実だと思います。
また、iOS7.0.4ではアップデートによりユーザー辞書自体が消えたり、登録ができなくなるといった報告も多数挙がっています。

・文字入力がもたつく、頻繁にフリーズ
これはiOS7以降に発生しているトラブルです。文字入力自体がもたつく、というだけでなく、ひどい場合はそのままフリーズしてしまうという報告も挙がっています。「キーボードの変換学習をリセット」や「iCloud同期」「ユーザー辞書のリセット」で改善されるという指摘もありますが100%ではないようです。

・Wi-Fiが接続できなくなった、頻繁に切断される
WiFiが完全に繋がらなくなったという報告から、WiFiのオン・オフのスイッチがグレーになり切り替えができなくなったという報告まで、端末、機種によって症状に微妙な違いはあるのですが、一番報告が多いのはiPhone 4sです。あくまで憶測ですが、海外ではiOS7によるソフト的な問題がハード的な問題を引き起こしたのでは?といった指摘すらあるくらいです。
ルーターや、端末側のネットワーク設定のリセット、端末の初期化などで改善したという報告も一部では挙がっていますが、大部分はこれらの方法を試しても改善しないという状況が続いているようです。 

・複数のアプリが頻繁に落ちる
FacebookやTwitterなどの第三者アプリだけでなく、純正アプリでも頻繁に落ちるという報告を見かけます。
特にSafariや写真アプリがクラッシュするという報告は国内外で頻繁に見かけます。
また、クラッシュ後に林檎画面になり勝手に再起動しているという報告もちらほら見かけます。

・ロック解除直後、もしくはランダムなリンゴマーク再起動
この症状が報告され始めたのはiOS 7.0.3くらいからのような気がします。iOS7で視覚効果による「酔い」を訴えるユーザーが多かったため、7.0.3では「視差効果を減らす」という機能が追加されました。そしてどうやらこれが悪さをしているようですね。よって、暫定的処置としてはこの機能をオフ(つまり視覚効果を減らさない)にすれば症状は改善するようです。

・スライドロック解除のスライドがフリーズ
これはiPhone5s以外のiOS7搭載iPhoneで幅広く発生しているようです。
スリープ状態中にメールやTwitterなど、何らかの「通知」がくると、これがトリガーとなりこのフリーズ現象が発生するもよう。よって、すべての通知をオフにすれば改善する、といった指摘もみられます。ただ、スマホでそれをするのはあまり現実的ではないので、事実上、対策はナシ、という状況なようですね。


Androidとくらべ、自由度が低い代わりに安定性が期待できる、というのがiOS端末の最大の魅力だったはず。
ところが、iOS7以降のiPhoneはカスタマイズ性が低い+不安定・不具合だらという状態になっており、つまり、「デザイン以外にアップル製品を選ぶ理由ってなによ?」って状態になってしまっているのが個人的な印象です。

ちなみにこのiOS7、というかiOS7.0.4の悪評ぶりは、10数年前のWindows MEというマイクロソフトの黒歴史OSを彷彿とさせるレベルですね。 (ってか、若い皆さんはこのOSの存在すらご存じないかもしれませんが。。)

 アップルさん、師走で忙しいでしょうが、しっかりと迅速な対応、頼みまっせ。

iOS7搭載iPhoneでアラームが鳴らない、勝手に鳴る、勝手に変更されるなどの不具合報告

このエントリーをはてなブックマークに追加

iOS7搭載iPhoneの一部ユーザーより、設定していないのにアラームが鳴るといった報告や、設定しているのに鳴らない、アラーム音が勝手に変更されるなどの不具合報告がいくつか挙がっています。

設定していないアラームが鳴った後フリーズ|価格.com



機種の特定は出来ていませんが、おそらく、iOS7を搭載のiPhone4-5sまで発生している事象と思われます。

また、iOS7.0.4へのアプデが原因との声もありますが、iOS7以降、ちょくちょくと報告は出てきているので、確実にOSバージョン依存かは不明です。

設定しているのにアラームが鳴らない、というケースに関しては単純にiOS7以降のバッテリー激減問題による電源落ちが原因である場合もあるようなので、一概にバグとは言えないようです。 (もちろん、他のバグの副作用の可能性はありますが)

ちなみに不具合とは関係ありませんが、IOS7のデフォルトアラーム音は評判悪いですね・・・
「なぜかイライラする」、「ソフトすぎて起きれない」などといった不満を結構みかけます。 

iPhone、iOS7.0.4アプデでまたやらかした模様。 バッテリーの減りが「高速」→「爆速」に?

このエントリーをはてなブックマークに追加
pic095

先週末にリリースされたiOS7.0.4へのアップデートですが、更新を適応したiPhoneユーザーより、バッテリーの消費が以前にもまして速くなったという報告が多数挙がっています。


ほとんど触っていない状態でもかなり電池減りが早いとのことなので、何らかの深刻なバグが発生している可能性が高いような気がします。

もともと、iOS7以降からバッテリー持ちが悪化したという莫大な数の報告はあるのですが、今回はちょっと次元が違うレベルの問題なような気がします。

上記のTwitter上報告も、なんとなく「電池持ちが悪くなったなー」レベルではなく、「なんじゃこりゃー!」 レベルの減りを訴えいる方が非常に多いです。

iOS7そのものが電池喰いOSであることはほぼ間違いないのですし、すべての端末で発生している訳ではないようですが、今回はそれに輪をかけてバッテリーの減り爆速になったという印象を受けます。

一方、iOS7.0.4以降、海外でも同様の症状を訴える声が上がっており、端末によっては30分で50%も減る、などという報告やスリープ状態で一晩で95%→0%になるといった報告もあります。

まお、発生機種については、iPhone 5sからiPhone 4まで、幅広く報告があるので、機種依存ではないようです。
ただ、心持ちiPhone5sでの発生範囲が広いように感じます。

カテゴリー
  • ライブドアブログ